2005年06月14日

筒美 京平 No.1

 今時の音楽は基本的には自分の歌は自分で作るという、インディーズ系
の音楽ばかり、中にはモー娘みたいに「つんく」プロデュースってのも
あるけど、歌い手の「ノリ」で作っているという歌がほとんど…

 70年代80年代の歌謡曲の様に作曲家、作詞家、編曲者って分業制でない
ので、楽曲自体が痩せてきているという気がする。
 歌は時代と共に歌い継がれて行き、その歌を聞けば自分がリアルタイムで
その歌を聴いていた時代を思い出す!!って事なくなるのかな…

ヒット曲のサイクルも短いし歌い手だってどんどん替わるし、いわゆる個曲
というか自分だけが楽しめる曲しか街には流れていない。

 みんなが知っている曲というのがあまりにも少なくなってきている。
 今の子供達には「懐かしのメロディーとかオールディーズ」なんてのは
これから先存在するんだろうか?

 今、一番聞きたい曲!!筒美京平の曲!!

ほとんどの人達が心の琴線をぐいぐいえぐられ涙したりワクワクしたあの
歌たち。

 例えば「かまやつひろし」…
普通なら「我がよき友」が彼の代表作って事になるんだろうけど…
「かまやつひろし」なら「青春挽歌」がお薦めだよ。



Posted by originwest at 00:12│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/originwest/25159307